桃の節句茶会

昨年9月2日父を亡くし、しばらくブログを休止していました。

半年ぶりの再開です。

長年習っているお煎茶ですが、年に1度のお茶会が発表会のようなものでこれまでは堤好石先生の下で席をお手伝いさせていただいていました。

3月4日吉日、萩原牧さんプロデュースの「桃の節句茶会」に兄弟弟子の桃子さんと二人、初の席主に挑戦しました。

白金台の畠山記念館のお茶室、明月軒でお煎茶、翠庵でお薄の二席、そしてもう一つのお部屋では若手陶芸作家の方々の作品をご紹介するギャラリーという三部構成でした。

お陰様でお天気に恵まれ、20度を超える春爛漫の暖かさが、主催者、お客様の気分を盛り上げてくれました。

賣茶正流(ばいさせいりゅう)の床の間。

掛軸は「払子(ほっす)」高僧が手に持って蚊やハエなどの虫を払う法具で、転じて邪念を払うとも言われています。

3月5日から啓蟄(けいちつ)という季節に入り、冬の間、土の下で冬眠していた虫や動物が外の世界に出てくるということで、季節感を掛け合わせて選んでみました。

お花は雲龍竹とフリージア、白の花入れに敢えて白の花で、清廉なイメージで。

お点前は「清風棚」

奥の床脇に飾ったのはお煎茶の創始者、賣茶翁の彫像です。

わたしたちの初茶会を見守ってくださいました。

お薄席の小間の躙り口。

床の間には桃の節句に因んで、個性的な桃のお軸と可愛らしいお雛さま。

桃づくしの薄茶席のお菓子。

お抹茶の席主の大滝恭子さん、今回のプロデュース、ギャラリーの責任者の萩原牧さん。

わたくし仁石、新潟から駆けつけてくれた閑石さん、ピアニスト木住野佳子さん、桃石さん。

お弁当はこの日のためにオリジナルで、心を込めてUZURAの前田潤子さんが作ってくださいました。美味しかった!

ギャラリーのお床は鶯の掛軸、籠に桃と八重のチューリップ。

ギャラリーでは、お煎茶の席で菓子器として使わせていただいた中荒江道子さんの素敵な作品もたくさん出ていました。

こちらは薄茶席でお茶碗をお借りした伊藤千穂さんのアーティーな作品。

「桃の節句茶会」まで、お客様をおもてなしするために心をかけてきたつもりでしたが、やってみると至らない点が多々あり、反省点ばかりです。

初めて席主を務めてみて、お茶会の楽しさと難しさの両方を実感できました。

いらしていただいたお客様、ご協力してくださったスタッフの皆様に感謝しています。

ありがとうございました!

夏のイベント③

東京の三大祭りといば、赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭、そして富岡八幡宮の深川祭です。

今年はお仕事でお世話になっている世界文化社の編集の方がお神輿を担ぐと伺って、着物の仲間と観に行ってまいりました。


三年に一度のお祭りということで、担ぎ手も気合が入っています。あまりの人混みで、江口氏を見つけることはできませんでしたが、53基のお神輿はかなりの迫力でした。


江口氏のお写真手に入れたので追加します。普段はインテリ系の方ですが、この日ばかりは勇ましいですね〜♡


途中で立ち飲み屋さんに入り、素敵なお尻とツーショットの潤子さん。


富岡八幡宮で記念撮影。浴衣、夏着物、思い思いの装いで。


清澄白河のヨーガンレール本社の1階にあるババグーリのショップまで足を伸ばしたら、またお神輿に遭遇。


名古屋帯、半幅帯、どちらの後ろ姿も色っぽいですね♡


街のあちらこちらに貼られているお神輿の番付表。


一度行ってみたかった清澄庭園へ。こじんまりした池の美しい庭園でした。何組かの外国人観光客に記念写真を頼まれたりして。

なんだか100年くらい前にタイムスリップしたような気分になりました。

暑いですが、やっぱり夏着物は好きだなぁと、改めて思いました。